脂肪吸引施術の失敗後の修正体験談について

手術後は包帯ぐるぐる巻きに

手術は脂肪の量と吸引する部位が多いので、5時間ぐらい掛かると説明されて全身麻酔をかけてスタートしました。
説明では一般的な脂肪吸引方法のチューメセント法と別の吸引法を合わせて施術すると言われてましたが、全身の吸引手術が終了する頃には、予定時間よりも1時間ほどオーバーしてました。
目が覚めると顔中包帯でグルグル巻きで、胸とお腹はコルセットで圧迫されて、太ももやお尻もかなりきつく包帯でグルグル巻きにされていて、ホラー映画に出てくるミイラ状態でした。
麻酔が切れると全身を切り刻まれたような激痛に襲われたので、痛み止めと炎症をおされる抗生物質を点滴して一晩入院しました。
翌朝、全身の包帯を取ってコルセットを外すと、腫れぼったいけど内出血だけで傷もほとんど残っておらず、先生に患部も奇麗で術後も良好ですねと言われて、痛み止めと抗生物質を貰って退院しました。
2週間後の通院から、脂肪が硬化しないようにマッサージをして激しい運動をしないようにして、ゆっくり運動するようにして下さいと指導されました。
診察終わりに、「先生にお腹の脂肪とお尻と太ももの脂肪が、いびつに歪んで外見がみっとも無いように感じます。
」と質問したら、「まだ2週間ではそんなもんですよ、安定するのに2か月掛かります。
」と少し怒りながら返答されました。

ぽっちゃり体系が悩みで手術後は包帯ぐるぐる巻きに別のクリニックで修正

脂肪吸引 失敗 ブログ脂肪吸引で美しい太ももに